インナーボールを入れたまま寝るのはあり?なし?就寝時の疑問

インナーボールを入れたまま寝るのってあり?なし?

 

インナーボールを入れたまま寝てもいいの?
インナーボールが心地いいから寝ちゃった!


 

こんな方いませんか?インナーボールを入れたまま眠っても良いのか。

 

解説していきますね。

 

インナーボールを入れたまま寝るのは大丈夫?

 

結論からいいます。

 

結論:インナーボールを入れたまま寝るのはすぐにやめましょう。

 

インナーボールは、

 

使い方が正しいと1番効率よく膣締めができます。

 

しかし、使い方を間違えて入れたままでいると逆効果になる可能性が高いです。

 

詳しくは「インナーボールは逆効果!?使い方を間違えると大変なことに」をご覧ください。

 

インナーボールを入れたままは何分くらいがベスト?

インナーボールを入れたままは何分くらいがベスト?

 

インナーボールは入れたままは何分くらいがベストなのでしょうか。

 

インナーボールを入れっぱなしにしておくのは最大1時間ぐらいが良いです。

 

理由は、「膣圧トレーニング」も、「筋トレ」と一緒だからです。

 

筋肉トレーニングは、大体30分〜1時間くらいがベストな時間だと言われています。

 

インナーボールは、膣圧トレーニングとして使う器具ですので、

 

最大1時間がベストという事になります。

 

もちろん、入れっぱなしにしていては意味がありません。

 

しっかりと膣圧を感じるように、膣締めトレ-ニングをしましょう。

 

インナーボールを入れたままスキマ時間に膣トレする方法

 

インナーボールを入れたままスキマ時間に膣トレする方法

 

インナーボールを入れたまま「ながら膣トレ」をする方法は、簡単です。

 

読書時間や、通勤時間を利用して「膣圧トレーニング」を行います。

 

その時に、骨盤底筋に力を入れる事が大切です。

 

下腹を引き締めるように、キュッと膣を締めましょう。

 

それだけで「スキマ時間」を「膣トレ時間」に替える事が可能です。

 

ただし、「呼吸」は忘れたらダメ。
膣圧トレーニングも「筋トレ」と一緒なので、呼吸をしないと血圧・腹圧が上がります。
身体に悪影響になり、効率も下がります。

 

スキマ時間をうまく利用したいなら、

 

  • 呼吸
  • 膣締め

 

を忘れずに行う事が重要ですよ^^

 

インナーボールを入れたまま寝るのってあり?なし?就寝時の疑問|まとめ

 

インナーボールを入れたまま寝るのってあり?なし?就寝時の疑問|まとめ

 

結論:インナーボールを入れたまま寝るのはやめましょう。

 

インナーボールを入れたまま寝てしまうのは良くありません。

 

インナーボールは上手に使う事で効果を発揮できる膣トレグッツです。

 

入れたままで膣圧トレーニングが出来るグッツは無いので、気を付けましょう。

 

膣圧は筋トレと一緒で、膣周りの筋肉を鍛える「骨盤底筋の筋トレ」です。

 

ですので、インナーボールの仕組みをよく理解しないまま使うのは避けましょう!

 

インナーボールの仕組みは「インナーボールの仕組みに疑問?何故膣トレになるのか」この記事に書かれています。読んでみてくださいね。

 

 

膣のゆるみで起こる症状についても書いています。

 

page top