インナーボールの仕組みに疑問?何故膣トレになるのか

インナーボールの仕組みが知りたい!何故鍛えられるの?

 

「インナーボールってどうして膣トレになるの?」

「インナーボールの仕組みが知りたい」


 

インナーボールの仕組みが知りたい!という声は結構聞こえてきます。

 

というのも無理ないですよね^^;インナーボールって、変な形していて、

 

疑問解決の掲示板でも、

 

「これは何ですか?彼女の家にあったのですが・・用途が分からずモヤモヤしています」


なんていう疑問があったりします(笑)

 

確かに、知らない人が見ると何コレ!?と思いますよねw

 

ではインナーボールの仕組みについて解説していきますね!

 

インナーボールの仕組みって?

インナーボールは、色々な種類がありますが、「LCインナーボール」を参考に解説していきますね。

 

インナーボールの仕組みは単純です。

 

というのも、

 

「インナーボールを落とさないように膣に力を入れる事で鍛えられる」

 

という単純な仕組みだからです。

 

インナーボールの形はこのように2つのボールがついています。

 

 

最初は1つ目のボールから。

 

次に2つ目のボールを中に挿れ、

 

落ちないように膣に力を入れる事で鍛えられるという仕組みです。

 

ですから、よくある勘違いで、

 

「インナーボールを中に入れているだけで鍛えられるんでしょ?」

 

なんて言っている方もいますが、それは全くの間違いです。

 

そんな楽な鍛え方があったらいいのですが・・

 

今の所、インナーボールの仕組みは全て同じです。

 

振動ありの「さくらの恋猫」のようなインナーボールであっても、

 

LCインナーボール」のような振動なしであったとしてもです。

 

その仕組みを理解しておかないと、インナーボールは全くの無意味なボールになってしまいます。

 

インナーボールの仕組みは理解できた?インナーボール比較

インナーボールの仕組みは理解できましたか?

 

単純ですよね。

 

落とさないようにする事で、膣トレになる

 

という仕組みでしたね。

 

という事は、あなたの膣のゆるみ具合によって「大きさ」や「重さ」を合わせる必要があるわけです。

 

インナーボール選び|あなたはどのタイプですか?

 

「膣がゆるい」と実感は無いけど膣トレに興味があるタイプ
「膣がゆるい」と実感があり、絶対に改善したいタイプ

この2つ違いを明確にして「インナーボール」を選びましょう。

 

振動なし

口コミ度4.0

LCインナーボール
インナーボールは、膣トレグッツとして1番有名なグッツです。
女性専用グッツで大人気の「LC」から発売されているので、人気度も高いです。
LCインナーボールは、【膣がゆるいと実感があり、絶対に改善したいタイプ】に合うインナーボールです。
理由は、サイズにあります。
サイズは日本人の女性の標準サイズ。
しかし、「大きい」という口コミもあります。
膣に悩みが無い人が使用してしまうと大きく感じるようです。
逆に悩みがある人には重宝するインナーボールとなります。
≫≫口コミを見に行く

振動あり

口コミ度4.5

さくらの恋猫

「さくらの恋猫NUKUNUKU」が膣トレグッツとして注目されています。
その理由は、『振動あり』という事にあります。
振動があると、振動が邪魔そう・・と思う方もいます。しかし、
中にある感覚が伝わるので、振動があるのも意外と便利です。
振動があるため、中で動く感覚を楽しむ人もいます。
さくらの恋猫もLCさんが販売しているので、信頼度もあり人気が高いです。
振動付きなので、インナーボールの感覚をしっかりと感じたい人に人気が高く、
【膣がゆるいと実感があり、絶対に改善したいタイプ】にオススメです。
≫≫口コミを見に行く

振動あり

口コミ度4.0

インナーキュート

インナーキュートは、見ても分かるように1つ目のボールがとても小さいのが特徴です。
【膣がゆるいと実感は無いけど膣トレに興味があるタイプ】にオススメなのですが、
理由は、
1つ目のボールが小さい事と、振動付きという事にあります。
膣のゆるみで悩んでいる方にはサイズが小さい「インナーキュート」。
逆に膣トレをしてみたい!と興味がある初心者の方にはかなりオススメです。
最初は小さいボールから。
2つ目のボールは普通の大きさなので慣れてきた頃に挑戦する事もできますよ。
≫≫口コミを見に行く

インナーボールの仕組みって?|まとめ

 

インナーボールの仕組みは、「インナーボールを落とさないようにする事で膣トレになる」というシンプルな仕組みです。

 

膣に力を入れるのが苦手な人ほど、インナーボールが重宝します。

 

自分では力の入れにくい骨盤低筋群に力を入れる事ができます。

 

インナーボールを落とさないようにすることでギュッと膣を締める事に集中できるという仕組みです。

 

仕組みが理解できたら、インナーボールを選んでみましょう。

 

 

膣のゆるみで起こる症状についても書いています。

 

page top